Documentary Film / KORG × Art Yard tinyPIANO Exhibition

KORG × Art Yard『tiny PIANO Exhibition』の制作ドキュメンタリーフィルムが公開されています。実機直描きの制作風景、オープニング・クロージングイベントの様子などをショートフィルムとしてご覧になれます。会場であるartyard studioの雰囲気も垣間みることが出来ますので、artyard studioが気になる方もチェックしてみてください。

また、Art Yard Exhibitionサイトにおいても、各ノミネート作家による作品を紹介しています。
こちらよりご覧になれますので、是非チェックしてみてください。素敵なアート作家たちによる作品をお楽しみください。>> http://www.artyard.jp/exhibition/news/tynypiano_exhibition_artist.html

オープニング、クロージング共に多くの人々が集ってくれた。本企画は、アートヤードらしく来場者が交流を持つ事のできる一面もあり、様々な作家・クリエイター・音楽家やリスナーが集まり、それぞれの時間を楽しむ事ができた。tinyPIANOというキーワードのもと、多くの若いアーティストも訪れ、密度の濃い時間が流れる。


KORGからはPR Sectionの横田氏が来場。メーカーサイドからのアート作品への関わりや、作品の見え方について貴重な意見が得られたアート作家も多かったのではないだろうか。普段なにげなく見る製品もアート作家たちの作品と同じく、惜しみない情熱を注ぎ作られている。多くの人々に支えられて行なわれているクリエイションが交差することは仕事を知ることでもあり、展覧会の枠を超えて非常に良い体験となった。


最終日に出演したセイルズのVo、中村佑介。イラストレーターとしても活躍する彼は、セイルズでの優れたアンサンブルでパフォーマンスを終えた後も、後に続く若手アート作家たちのポートフォリオを一人づつ評し、作家たちにとって有意義な合評の時間となっていた。自然発生的にこういったコミュニケーションが生まれることも、イベント、制作現場、そしてサロンとしてコアキシャルに機能するアートヤードらしく感じ、またそういった潮流を生み出す人々同士が、tinyPIANOをテーマに集まることが出来たことに感謝したい。

KORGという電子楽器メーカーのデジタル・トイピアノとのコラボレーションをきっかけに、アート作家・ミュージシャンとしての在り方や、それぞれが力強くユナイトし、一つの理想的な土壌を作っていくことの重要性を、改めて認識することが出来たのではないだろうか。


展示会・イベントCM映像

 

artyard studio