CONCERT REVIEW KRAFTWERK 3D CONCERT – 機械と共生する心 –


Kraftwerk  機械と共生する心

Kraftwerkの”3Dコンサート”は観客に現代のライフスタイルについて考えさるものだ。 現在ツアー中(日本公演も間近に控えている)のこのグループは、我々が普段考えもしないところに質問を投げかける:機械、コンピューター、そしてロボットに 頼って世界を動かす人はどうやって「人間」として存在できるのだろうか?我々は日常生活で一日にいったい何時間(大抵は両目を画面に釘付けにして)機械に拘束されて過ごすのだろうか?いったい、それは自然な生き方と言えるのだろうか?時に、芸術の目的は「どれほど我々の日常が奇妙かを指摘する」ことにあるが、Kraftwerkの音楽がそのような働きを持っていることは明らかだ。

(ラ イブでの魅力的な3D映像の背景と共に)パフォーマンスの際、メンバーは人造人間を思わせる体にフィットしたスーツを身に着け、機械やバイナリー・コードについて歌う。それはまるで我々が人間性を失いつつあることを警告するかのようでもある・・・しかし彼らのライブでの絶妙なユーモア、繊細さ、そして感情によって、我々は人はまだ人であり、これからもそうあり続けるだろうという安心を得ることができるのだった。

Kraftwerkの創設者、ラルフ・ヒュッターとフローリアン・シュナイダーが当初、伝統的な楽器を用いてクラシック音楽を習っていたことを知れば、彼らの音楽における人間性の発生の仕方がよくわかる。オルガン 奏者とフルート奏者であった二人は1960年代にドイツで起きたクラウト・ロック(英:”Krautrock”、要するにドイツ発祥のポップミュージッ ク)の流行のなか、独自の音楽を創ろうと模索していた。多くのドイツ人と同じようにイギリスやアメリカのバンドとは違うことをやりたいと思っていた彼ら は、ついにロックが制覇していなかった「空き地」の場所、つまりエレクトロニック音楽へとたどり着いたのである。

彼 らはデュッセルドルフに”クリング・クラング”という名のスタジオを設け、ヴォコーダーやMINIMOOGSで試行錯誤を続けた。そしてコンピューターのサウンドを自由自在に操るパイオニアとなり、テクノやヒップホップの道を切り開いた。機械音が人間を遠ざける危険性を持つにも関わらず、逆に人の感情を喚起するようになったのだ。

Kraftwerk は最も新しいセットリストで”The Robots” (1978) や”Tour de France”(1983) のような彼らの古き良き名曲に重点を置いているが、数十年前にリリースされたこれらの曲も再びアレンジされ、信じられないほど新鮮で今日的に聴こえる。特に福島を原子力の被害地のリストに加えた”Radioactivity”(1976)は強い印象を与える。最近の他のDJのライブに負けていないことを証明 するかのように“AeroDynamik” (2004) や “Planet of Visions” (2005) のような比較的新しい曲も演奏される。

このライブは素晴らしく、これほど歴史的意味や影響力を持ちながら、今日の我々の世界の見方、接し方とシンクロしている表現者は他に類を見ないと言えるだろう。

Kraftwerkはソニック・マニア(8月15日)、サマー・ソニック(8月16日-17日)の日本公演を予定している。まだ心を持っていて、ロボットではないすべての人にこのバンドのライブを勧めたい。

*クラフトワークの7月1日のパラマウントシアター(米国・シアトル市)の公演リポート

オーエン クーニー(訳:高橋麻理絵)

The Men in the Machine

CONCERT REVIEW

KRAFTWERK 3D CONCERT

by Owen Cooney (translated by Marie Takahashi)

*The author saw Kraftwerk play on July 1 at Paramount Theater in Seattle.

 

Kraftwerk’s 3D concert asks the audience to think about modern life. The group, which is currently touring and will soon be arriving in Japan, poses a question we don’t often think about: how does one stay human in a world that is largely operated through machines, computers, and robots? Think about how many hours a day you stay chained to one mechanical device or other, (quite possibly with your eyes glazed over). Do you think that’s natural? Sometimes you need someone to point out how strange our lives are, and that is the purpose of art. Kraftwerk make music that (in combination with the striking 3D images in the background) is also art. During their show, the band members wear skin-tight suits that make them look like androids and sing about machines and binary code—what could be seen as a warning that we are in danger of losing our humanity. Yet, because of the subtle humor, grace and emotion in their performance, their show feels more like a reassurance that humans are still human, and always will be.

 

The organic nature of this technological music makes more sense when you learn that the founders of Kraftwerk, Ralf Hütter and Florian Schneider, started out learning classical music using traditional instruments. The organ player and flutist (respectively) sought to create unique music with the Krautrock movement that emerged in Germany in the 1960’s. Like many Germans, they wanted to do something different from what the Anglo-American bands were doing, and so they ended up wading into the negative space that rock left behind: electronic music. They set up a studio called Kling Klang in Dusseldorf and experimented with vocoders and Minimoogs. They became pioneers who paved the way for techno and hip hop by taming the sounds of the computer so that they would evoke human feelings, when those robotic sounds had every potential to alienate us.

 

Kraftwerk’s most recent set list stresses their classics, like “The Robots” (1978) and “Tour de France,” (1983)—but these songs that came out decades ago have been reworked to sound incredibly fresh and relevant. In particular, “Radioactivity,” (1976) is particularly poignant because it adds Fukushima to the list of other atomic disaster sites: Chernobyl, Harrisburg, Sellafield. The group also slips in newer tracks like “AeroDynamik” (2004) and “Planet of Visions” (2005) to prove that they can sound as fresh as any other techno act. This is a great show and you will be unlikely to find any other act that carries so much historical clout (over 40 years of music-making) and yet sounds so in-synch with how we see and experience the world today. Kraftwerk will be playing in Japan at Sonicmania (8/15) and Summer Sonic (8/16-17). I recommend anyone who has a heart and isn’t a robot yet to see this group when they visit next month.

 

artyard studio